スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< GRANRODEO 1st Tour"RODEO DELIGHT"@ZPTK | main | 【LIVEレポ】鍵盤暴動4!〜関東&東海同盟〜@目黒LIVE STATION >>

GRANRODE 1st Tour RODEO DELIGHT@ZPNG

ツアーがツアーたる所以。
各地の、より多くの人の目に触れる事。
その箇所によってカラーの違うライブが出来る事。
違ったハプニングを楽しめる事。
そして、愛を何度も確認できる事。

今回のライブで、それを感じた。
やっぱり、GRは紀章と飯塚さんなんだという事。
やっぱり、KISHOWとe-ZUKAが大好きなだという事。








すみません!!いつもながら、セトリはあんま覚えてませんッ!!!
ネットで探してみて下さいな。


んでは、ライブやMCの感想、内容など。







大阪、東京と同じく、HEAVENで幕開けの名古屋。
CDとは違った怪しげな電子音が、始まりの合図になる。
一番前ブロックの最後列から、一気に前へ攻め立てる。
最初のHEAVEN、Go For It!、未完成のGUILTY、アウトサイダーで
いつのまにか2.5列ぐらいの位置に。
もちろん、タッキのまん前。右腕に張った「瀧田組」をアピール。
拳の振り方を思い返すと、普通に4拍子を刻むとかじゃなくて、
ベースのリズムをなぞってるんだよね、特に慟哭とか(笑)
ステージ前に来てガンガン攻めるタッキの笑顔に
ばっちりノックアウト。あの笑顔はキュン死を呼びます。マジ。
前の東京公演の日記でも書いたかもしれんけど、
あんなに笑顔で、楽しそうにベース弾く人、見たことないよ〜!!!





MCに入る前、早速ビックリすることが。
暗転した瞬間に、

     ゴ ト ン ッ ッ !!

と凄い音がしたと思ったら、KISHOWがマイク落としてた(笑)
あれ、すげー高いマイクだよ〜?!多分10万くらいは…。
「しっかりー!!」と叫ぶおれヾ(;´▽`A``





最初のMCで、紀章が「名古屋のタクシー、初乗り500円!!」
を、何度も口にしてたね。よっぽど感動したんだろうね。
あと、ホテルの手配に不具合があって、チェックインが
明日の予定になっていたらしく、危うく路頭に迷う所だったとか(笑)
相変わらず、MCでの話題が面白いKISHOW。
あんた、貴教に追随できると思うよ(笑)





そして、今回もお約束の携帯電話のお話しがッ!!!!!!!!
瀧田組、これ待ってたッ。



瀧 ネ ッ サ 、 現 る ! ! @(≧▽≦)@



いや、めっちゃキレイだったよ。ロングの金髪パーマに、
ピンクのロリータ系の服。ほんのりメイクのフェイスラインは
チークをピンクに入れていて、トキメキが止まりませんッ(動悸)
めっちゃ肌きれいだったしッッ!!!!
…女として「負けるッ!!!」と瞬時に思った自分、どうだろう(退散)
瀧田さん、垂れ目だから、目の感じが優しいじゃん?
あれがまた柔らかい印象を与えて。素敵でしたわー。





んで、肝心なmistakeの途中で、それぞれのソロが。
今回のタッキのソロは、スポットが赤(笑)
やっぱり、高音部分の音がめっちゃ素敵ですね。
低音が素敵なのはもう周知だけど、コンバット、すげくね??!!
結構ヒビの入った音になりやすいじゃん?ベース高音って。
瀧田さんの業と、コンバットの技の融合による最高の音質。
ソロに酔いしれました。



VALさんのソロ。スポットがストロボのように切り替わって、
青白い色が点滅してた。スピードに気おされそうになりながら、
手元をがん見。やっぱり、ドラマーとして天才だと思います、この人。
ただただ早く叩くだけならきっとたくさん出来る人はいるけど、
ここまで多彩なドラムを聴かせてくれる人は少ないと思う。



そして、我らがe-ZUKAアニキッ!!!
タッキのソロの時、上手側の袖で待機してたんだけど、
前髪を気にしてちょこちょこ整えたり、
衣装チェンジした白いシャツの襟元を整えたり、
近くのファンの子に手を振ってあげたりと、
かなり可愛く、美味しいショットを拝見。
何このおっさん、可愛い!!!(笑)
そして、ギターソロ。今回のギターソロは一味違いましたよ。




タ  ッ  ピ  ン  グ  激  早  ッ  Σ(゚Д゚;




今までの中で一番早いと思うよッ!!激早い、そして激辛い!!
使ってたギターはGo For It!で使ってた、ESPかな。
ギターに関する知識なんか無いけど、それでもあれは度肝抜かされる。
あんな天才が、あんなギャグかましてKISHOWを困らせるんだよ??!!
このおっさん、どんだけギャップを広げれば気が済むんだよ!!!(笑)
最高のギターソロ、頂きましたッ!!!!





mistakeの後、もちろんKISHOWが瀧田ネッサに触れる。
タッキが恥ずかしそうに顔をちょっと隠してたのが可愛かった…vv
めっちゃ笑ってたけど(笑)
瀧田ネッサの話から、KISHOWのMCで、こんな発言が。


K「皆に報告しなきゃいけないコトがあるんだけど」


なんて、言うから、何かとドキドキしていると…。


K「瀧田ネッサキレイでしたね〜!!人気うなぎのぼりの瀧田さん。
 

  
 最 近 、 瀧 田 組 な ん て あ る ん だ っ て ?」







ぎゃぼおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!Σ(゚Д゚;







これは神の降臨ですか??!!
これは何かのドッキリですか??!!
これは所謂夢の中ってやつですかあああああああああ??!!??!!
まさかKISHOWの口から「瀧田組」って言葉が出るなんて…。
下手寄りに集結してた滝田組、タトゥ施した腕を振り上げる。
組以外にもたくさんタッキファンの方がいて、嬉しくなりました。
でも、やっぱりオイタかましちゃってる領域までいってるのは
瀧田組だけだね…いいと思う。この槍杉くん(笑)
 




ソロ後の衣装チェンジでは、皆、真っ黒の衣装から一転して真っ白に。
KISHOWもe-ZUKAさんもパンツまで白で。素敵に着こなしてた。
タッキとVALさんも白に衣装チェンジ。
タッキは白地のに、シルバーラメのラインが入ったカットシャツ。
VALさんは、白のノースリーブに、白のハーパン。
これまた自分で付けたのかと思われる房べり付き。
VALさん、タイトな衣装が好きなんだね。おなか見えたよーvv





アコースティックコーナーでは、Rain BeatとTwo of usを披露。
Rain Beatでは若干、KISHOWの調子が崩れてしまってたけど
e-ZUKAがその度に見守るような視線を投げてたとか。
それは見逃したのよ…そういうの見たかったんやけどもッ!!!
Two of usは完璧だった。後ろのスクリーンには、
ファーストのように、星空が映し出されて。
e-ZUKAのアコギが、静まり返る会場内に響き渡って。
まるでKISHOWがその音を包み込むかのように、ゆっくりと歌詞を紡ぐ。
壊れそうなメロディーを優しく包む上質の絹糸のように。
目を閉じてじっくりと歌い上げる姿に、ブリッツを思い出した。




Rain BeatでのVALさんが、かなりキたね。
ドラムのうるさい曲じゃないけど、その分、一音一音が目立つ曲。
普段音数の多い楽曲で注目を受けやすいドラムだけど、
やっぱりボーカルと一緒で、スローなものや
リズム変化の激しいものの方が、実力って試されると思う。
今回のRBでは、VALさんの奥深さを知ったね。
一音一音に、すごくしっかりとした心地よい重みがあって、
どれだけ気持ちを込めて叩いているのが、伝わってくる。
じっと上体を動かさずに、腕に神経を集中させている姿を
斜め前からじっと眺めてました。玄人の貫禄、伝わってきたね。





Snow Palletでは、前回よりも若干振ってくる泡が多かった様な(笑)
最後の方、ちょっと甘くないシャボンの香したもんね。
ステージに方に大分流れてしまっていて、
タッキが滑りやしないか心配だったヾ(;´▽`A``





ケンゼンな本能を聴いて、この曲はリズム隊二人のための曲ッ!!!!
ということを再確認いたしました(笑)
いや、すげー細かいよ、ドラムのリズムもベースも!!!
特に、Aメロの部分での瀧田節炸裂具合には…やべぇ。
おれ、初めて「物」になりたいって思ったもん。

 
  コ ン バ ッ ト に な り た い ! ヽ(`Д´)ノウワァァン


あのネックを滑り、弦を弾く指で触られたら、一瞬でイけるね。
あれはヤバイ。エロマンス炸裂ですわ。
さすがエロテロリスト瀧田。(←玖太郎、ナイスネーミング!!!)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【どの辺か忘れたポイント】

KISHOWが面白かった部分が。
結構早くてクール系な曲の後で、マイクをはずして立ててある
マイクスタンドを手に取ろうとするんだけど、
スルっと滑ってしまって、スタンドを倒しそうになってた(笑)
苦笑してたみたいだけども、そこがまた可愛いんだって。
自分をギャル男じゃなく、純朴な青年と言い切る所とかも(爆笑)
そういう紀章が大好きでたまりません。
KISHOWはギャル男でも全然いいよ。紀章は純朴で☆彡




紀章と飯塚さんの絡み。
明るい曲だったかな。背中合わせで歌う二人。
やっぱり絵になるね。自画自賛するだけの事はある。
そして、二人とも息ぴったり合ってるんだよね。
e-ZUKAがコーラス入れてるっぽいトコあったんだけど、
顔をKISHOWの顔のかなり近くに寄せて、相当至近距離で。
純粋に、バンドでの絡みというのは興奮するものです。
音の集合であるバンド。聴いてたらそりゃ音の重なりが分かるけど、
視覚的に飛び込んでくると、音もさらに絡んでるように聞こえて。
こういう時、e-ZUKAの頼もしさったらないよ。カッコイイ。
KISHOWもきっと、彼を背中に感じて同じように思っているハズ。
そう確信できるくらい、飯塚昌明という人の大きさを感じた。




e-ZUKAとタッキの絡み。
花道で二人が絡んでたシーンがよかったなぁ。
おれは最前付近に居たから、後ろしか見えなかったけども、
やっぱり弦同士の絡みは、迫力があります。
だって、あれで会話できるんだもんね?(爆笑)




KISHOWが下手側のアンプに乗っかって、腰揺らしてたね。
ありゃーエロマンス通り越してエロデロですね(笑)
KISHOWファンにとっては美味しい絵柄ですなー。
おれも前は垂れ流しの色気って弱かったけど、
今はT氏のにじみ出る色気に負けてしまいましたので(爆)
いや、でも紀章のパフォーマンス、すばらしかった。



今回のライブで卒業するライブスタッフの方がいました。
e-ZUKAと瀧田さんが、二人をステージに連れてきて、
手を取っていて。お二人とも男性の方でしたけど、
瀧田さんの隣に居た方は、目に涙を浮かべてました。
おれもつられてもらい泣き。
ファンの皆で「ありがとー!」という言葉を贈りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





KISHOWが言ってた。ファーストワンマンが出来た事。
そして、今のこのRDツアーが出来ている事。
これって、本当にすごいことだよね。
だって始めは、まさかライブだなんて思ってなかった。
それがいつしかスタンダードにシングルを出して、
アルバムを創って、ワンマンをやって、ツアーにまで発展して。
どれだけの人の努力と技術が、これに費やされたんだろう。
間違いなく、本人たちが道を切り開いてきたと思う。
(得にKISHOWはライブにかける精神とか、凄いと思う)
そして、今回はどんなアーティストでも"鬼門"といわれる名古屋。
これは、GRのメンバーも、ファンも恐れていた言葉。
だけど、こうして今皆ですごいイイ空気を吸ってるじゃない。
ツアーをまたやりたい、というKISHOWに対して、おれ叫んだよ。



 「 武 道 館 で や っ て ! 」


これ、悪乗りでも冗談でも何でもないよ。
紛れも無い本気。
だって、最初は皆予想もしてなかった事をやってきた人たちだよ。
ファーストのパンフでKISHOWが「ツアーやろ、ツアー」
と書いた言葉が、現実になった。
次は、e-ZUKAさんの書いた「LIVE AT BUDOKAN」の実現も夢じゃない。
今すぐじゃなくたっていいじゃない。
着実に、一歩づつ近づいて、夢を叶えてくれればいい。





そして、delight song。
やっぱり、この曲でのe-ZUKAとタッキの絡み、可愛いッ。
激可愛いよ、ヅカたんが。破壊的に可愛い。
見たことない人、40のおっさんに可愛いとかナイって思うでしょ?
あるんだよ、これが。マジで(笑)
タッキもe-ZUKAも、純粋の音楽を楽しんで弾いてる。
そして、皆楽しくなる。これって、単純だけど難しいもんよ。

この曲、瀧田さんも前に来て唄ってた。
一緒に、歌う。笑顔になる。もっと、dsが好きになれた。





Infinite Loveの時だったかな。
おれはやっぱり、今回のライブも最初からずっと、
瀧田さんばかり見てた。そりゃKISHOWとe-ZUKAも見ていたけど、
どうしても目線で追いかけるのは、瀧田さんだった。
この曲でも、瀧田さんを追いかけてた。
でも、視界が阻まれたの。前の子に。
あわわ、と思って、ふとステージ中央寄りに目を向けると、
まっすぐに視界が通ってた。そこには、一直線に。
マイクスタンドを握る紀章と、e-ZUKAの姿が。
こういうシーンは何度もあったはずなんだけど、この時は違ってた。
その時、おれの中で忘れかけてたモンがもう一回ちゃんと形になった。

サポメンであるタッキやVALさんが好きなのも一つの形だよ。
だけど、GRの本体は、谷山紀章であるKISHOWと、
飯塚昌明であるe-ZUKAであるという事を、おれは再確認した。
分かってたつもりだった。だって、彼らの歌とギターが好きだし。
だけど、最初に彼らに感じた愛情を簡単に取り落としそうになった。
それを、もう一度ちゃんと手におさめた瞬間だった。





そして、ラスト。Gor For It!
もう、これはお約束ですね。皆叫びたくてしょうがないもの(笑)
魔法の言葉を叫ぶ煽りで、e-ZUKAとVALさんが煽る。
やっぱタッキもキますよね。やっぱりエロ担当とか言われるわけで(笑)
(前のMCによれば、楽屋で一生懸命エロ本の袋とじを
3つくらい開こうとするタッキ、が紀章の口から飛び出しましたが。
しかも急いでる上にキレイに開けられない!みたいな。
どんだけがっついてるんですか!!とかKISHOW言うとりましたが。
やめなさいって、そんなネタ皆信じちゃうから。笑)

でも、瀧田さん、自ら特攻しちゃうのね。素敵です(爆笑)



瀧「エロエロだけどイイですかーーーー??!!」


皆「おおおおおおおおおお!!!!!!!!!!」(特に下手)


瀧「違うでしょ。『イイ?』って訊かれたら、

      
      『 イ イ v 』 で し ょ ? 」




キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!





はい、失神しますよ。あ、妊し(ry
その瀧田さん…エロさ爆発というよりも、
ちょっと頑張ってる感も見え、実際のエロマンスも見え、
そのなんというかこうあのそのにじみ出るエロスがですねぇえええ!!
 
       (  半  狂  乱  中  )

素敵すぐる。やばい。抱いてええええええええええええええ!!!(鼻血)
自分の錯乱具合が楽しかったね、ほんと阿呆炸裂ですよ、えぇ。

そして、『瀧田組ー!!!』って煽ってくれたそうですね。
おれはそれを聞き逃した愚か者(瀧田組副長。)です。
しばらく猛省させていただきたいと思います_/ ̄|○

あと「エロデオガール、エロデオボーイ」発言も飛び出した!!
紀章に並び、造語の達人ですよ、タッキ(笑)




そして、ラストではコンバット降ろして、
ネックを客席に伸ばして、ファンがタッチできるようにしてくれて。
おれもあと数センチってとこだったんだけど、届かず。
だけど、より間近でタッキ拝めたて事で、良しとします♪
あの笑顔間近で見れたら、極寒でも耐えられるよ(笑)






曲が終わって、みんなが前に並んで礼をする。
お約束通り、メンバーは皆手を繋いでた。
おれは、ライブ中に隣になったうわ。さんと手を繋いで、礼。
こういうのが、気持ちがいい。楽しい。
タオルやら、リスバンやらを客席に投げるメンバー。
紀章の投げたタオルを、近くのロデオボーイがゲット!!
(終わった後触らせてもらったー♪)
紀章は、自分がしてた指輪まで投げてたよ。
3つくらいはあったかな。銀色の小さいの、飛んでくの見えたから。
「紀章、太っ腹ー♪」って叫んだの、おれですヾ(;´▽`A``





ちょっと反れますが。
今日はKISHOWとタッキがマニキュア塗ってた。
タッキは左手だけ。KISHOWは左右で色が違った気がした。
右はメタリックブラック、左は黒字に赤かブラウンのライン入り…
だったような気がするなぁ。
瀧田さんは滅多に塗らないから、ちょっとテンション上がった♪








ライブが、幕を閉じる。
痛んだ体でごみを拾い集めるのも、全然苦じゃない。
心は、あふれんばかりに満たされた。
さぁ、号泣する準備はできた。
涙しよう。抱き合おう。
今日は、それが許される日だ。

僕らは、愛する人たちの笑顔をこの目に焼き付けたのだから。
| - | 22:45 | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 22:45 | - | - | - | - |
Comment
はじめまして〜
「武道館でやって!」キレイなよい声の人だなぁと思っていたので
その方を見つけて思わずコメを(?'v`艸)*+?
視界を遮っていたのもしかしたら私かもしれません(;´д`)スミマセン
タッキーも好きなのですが、名古屋では紀章しか見えておらず。。。背伸びしても見ていたので(ο>д<ο)
もし私だったらスミマセンでしたm(__)m
2008/01/31 7:44 PM, from きさ
きささん、初めまして!
コメント残してくださってありがとうございます☆彡
き、きれいな声だなんて…叫びすぎてちょっとデスボちっくですんませんヾ(;´▽`A``
皆、ステージを少しでも焼き付けようと必死ですもんね。
それだけ、愛が深いってことで、オールオッケーだと思います♪
きささんは、追加には参加なさるのでしょうか?
また、同じDELIGHTの空気を吸えるといいですね!!
2008/02/01 2:48 AM, from suguru









Trackback
url: http://bg-dds.jugem.jp/trackback/58
銀座カラー脱毛口コミ
銀座カラー脱毛口コミについて
2013/07/26 10:08 AM, from 銀座カラー脱毛口コミ

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • SIAM SHADE@たまアリ セットリスト
    barsuck (10/24)
  • つっつんが考える葦に!!!!!!!
    AtoZ (08/27)
  • 「SP 革命篇」感想その
    suguru (03/23)
  • 「SP 革命篇」感想その
    kico (03/23)
  • 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4
    suguru (02/09)
  • 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4
    亜鐘 (02/09)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    suguru (11/25)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    xYUKIx (11/25)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    まいく (11/25)
  • GRANRODE 1st Tour RODEO DELIGHT@ZPNG
    suguru (02/01)
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM