スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< T.M.R YEAR COWNT DOWN PARTY'08 REAL COUNT DOWN 08-09 | main | 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4 >>

NANA MIZUKI LIVE FEVER 2009@武道館

水樹奈々LIVE FEVER 2009 武道館3DAYS。
名だたるアーティストが武道館という神聖なるステージを踏んだ。
水樹奈々もその一人であるが、今回は3日連続。
期待に胸を高まらせるファンの鼓動までも聞こえてきそうなくらい、
会場周辺の空気が浮足立っていた。
そして参戦したのは、その初日。1月23日。



【セットリスト】
01 DISCOTHEQUE
02 chronicle of sky
03 PRIDE OF GLORY
04 JET PARK
05 POWER GATE
06 Take a chance
07 ETERNAL BLAZE
08 Trinity Cross
09 innocent starter
10 深愛
11 Trickster
12 SECRET AMBITION
13 FAKE ANGEL
14.ラストシーン
15 Crystal Letter
16 Tears' Night
17 Orchestral Fantasia
18 残光のガイア
19 Astrogation
EN
20 MASSIVE WONDERS
21 Level Hi!
22 午前0時のbaby doll
23 SUPER GENERATION



【セット、機材などなど】
席は、最高。アリーナなんて目じゃないね。
東2階、最前列。上手側の前寄り。横過ぎず、ステージ全体がよく見える。
りゅーたん、ケニー、ゆたぽんガチで好きなおれとしてはこの上なし。

今回のステージも、ドラムはツインドラム。
メインドラムに渡辺豊。サブに増永さん。
ゆたぽんのドラムはいつもと同じくSONORのものでしたが、
ドラムのボディが赤で、メタル部分が黒、
ジルジャーのシンバルも上面が黒のもので、めっちゃクール!

できたら北島さんや坂本さんの足元とかも見たかったんですが、
死角になってしまい、見えず。とりあえず、
りゅーたんのアンプの上にはペットボトル2本と、
キシリトールみたいなガムのボトルが2本も置いてありました(笑)
ライブ中そんな食わねーだろ!!ってめっちゃ気になったんですけども。



ステージ自体は、いつもと比べるとシンプルな印象をうけた。
いつものように上り階段はあったけど、ドラムの位置は
上段じゃなくて他の楽器隊と一緒のステージやったし。
メインステージのフロアが白いスモークのプラスチック状になっていて
中にライトが仕込んであり、曲に合わせて光って、すごくきれい。
ステージ上段、奈々嬢が登場する奈落の部分には、
シルバーの巨大ミラーボールが仕込まれていて、
本当に、ディスコティックを思わせるステージセット。
衣装も、ドレスの割にカラーリングがポップなものが多いな、
と思ったけど、コンセプトを考えると、これで合ってるな、と納得。




【LIVE編】
オープニングには、高級外車でカジノに乗り付ける奈々嬢が。
黒のシックなパンツーツに身を包んでの登場。
カジノに入ると、ルーレットの前に腰を下ろし、外人男性と談笑。
ボールが、ルーレットに落とされる。
白いボールが跳ねて、速度を落とす。
乗るか、反るか。勝負は一度だけ。
ボールがルーレットのポケットに落ちた。赤の、7に。



「行くぜ、武道館ー!!!!!!」

いきなりのディスコ!
ステージ上段の奈落が上がってきて、ミラーボールの上に登場!
「ちゅ〜るちゅ〜るちゅるぱやっぱ〜★」
の、男共の大合唱に、経緯を表すると共にどん退く(笑)
みんな愛すべきSTUPIDだよ←
この時の奈々嬢が、蛍光オレンジや緑の衣装で、手袋もオレンジ。
闇夜をも照らす勢いのあるカラーリング。
隣のSちゃんが、サビのダンス完璧すぎてビビったべwww


そしていきなり、胸に期待を膨らませて待っていたクロスカ。
がっつり踊りましたよ〜。ちょっと狭かったから7割やけど。
一緒に踊れて、大満足。


もーとんとんいくね、とんとん。
原曲を聴いた瞬間「絶ッ対ぇUOだあああああああああ!!!!!!!!」
と思っていたPRIDE OF GLORYが即効攻撃かけてきやがりました。
一番の楽しみは、このデジックな曲が、ライブでどう生まれ変わるか、
をがっつり聴こうと思っていたのですが…あまり覚えておりません。
とりあえず、上手3人組の姿が、やおらかっこよかったですな。
ベースで、原曲よりもさらに重みが加わって、良いアレンジでした。


MC。

「帰ってきたよ、戻ってきました、この場所に!!!!」

「すごい楽しみにしてたよ。」

「いよいよ、東京3DAYSです。未知の領域です。」


ここで、ファンの皆から、「誕生日おめでとう〜!!」の声が。
最初はもごもごっと歳を言わずに誤魔化した奈々嬢でしたが、

「水樹奈々、無事に29歳を迎えました!」

信じられない。誰もが信じられないよそんなことは(笑)

「昨日、この場所に下見に来た時に、スタッフの皆が、
ステージにサプライズを仕掛けてくれてて、
後ろの画面とかもちゃんと用意してくれてて
誕生日のためだけに、そういうのを用意してくれてて、
もーすごい感動しました!」

「ケーキが出てきたんだけど、あたしがデザインした…っていうか
それだけしか書けない(笑)あいつが、ミラーボールの上にドンッ!
って乗ってて音楽とともに登場したの。
幸せな29歳の幕開けでした。皆本当にありがとう!」

「今日はそのありがとう〜って気持ちと、
うれしい〜!!って気持ちを込めて歌うからね!!!」



久々のJET PARK!!!!
イントロの部分のベース入りで、五十嵐さんが叩いてたドラムを思い出して。
懐かしくて楽しくて。だけどちょっとしんみり。
奈々嬢が綴った歌詞。まだ歌詞を書き始めたころの曲で。
「もっともっと」「ずっとずっと」このフレーズを力強く歌う彼女が、
昔と何も変わってない気がして、すごくうれしかった。


始まって数十分で、いきなりパワゲきたあああああ!!!!!!!!!!
一瞬、イントロでsuddenlyとシンクロしちゃって、
所構わず折れまくるUOに戸惑ってるうちに、
「あ、パワゲ」って気づくwwww
いつも終盤に組み込まれる曲なだけに、これを今もってきちゃうの?!
っていう心配はあったけど、やっぱり盛り上がるしかないよね(笑)



ここでチェリボのMC、ソロが。
りゅーたのMCを先頭に、メンバー紹介。
ここでのりゅーたとゆたぽんへの叫び方が、ぱねぇおれwwwww
隣の男子が一瞬ビクっとしてましたね(笑)

りゅーたがいたる先生に無茶ぶりで「ネタを披露しろ」とか言ったり(笑)
「死ぬ気で行くぞ!」というゆたぽんにメロメロでしたね。
ケニーのギターソロがかっこよすぎてメロメロでしたね。
「おれは誰だ?!」と煽るりゅーたに煽られて、ぎゃあああああ!!!!!!!!!
Sちゃん、マジめんご。飛ばし過ぎだよね(笑)



一曲飛ばして、エタブレ。
いつも思ってたけど、改めて思う。この曲は、

  ベ ー ス が ネ 申 す ぐ る 。 

りゅーたのタッピングがおかしい。音数がおかしすぎる。
今回、手元が良く見えたから思ったけど、手の動きやばい(笑)
鳥肌が立ちますね。ほんっとに。
CDではケニーのギターが大分フィーチャーされてますが、
ライブではガチでベース音がくる。やBEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!
この曲で生のストリングス…やったんだっけか?
大事な事を忘れてしまいまった…(^_^;)

エタブレでやっぱりやりました。ファイヤーエフェクト。
2階に居ても熱気が伝わってくるくらい、すごい勢いだった。



チェリボのソロの後に登場した奈々嬢は、白、紫、青のチェックのドレス。
大きく背中が開いたドレスに、頭には大きく垂れ下がったバラのコサージュ。
恒例に、アレ、沸き起こりました。

「廻ってー!!!!!!」

一筋縄ではいかない水樹、ファンに要求をしてきました。

「皆が回ってくれたら回るっ!」

奈々さん、なんか成長しましたね(笑)

「ETERNALBLAZEを初めて歌ったのが、この武道館なんです。
誕生日ライブのBIRTHでね。26の時。大きくなっちゃってねぇ(笑)
あの日は忘れもしない、大雪が降ってね〜。」

「月日を経て、また同じ場所で、
同じ曲を歌えることを本当にうれしく思ってます!!!」

「これから、大事に大事に、皆と一緒に育てていきたいなって思ってます。」



トリクロ。ライブで聴くのは今回が初めて。
入りが、アコースティックなアレンジになってて、アコギ使用でした。
CDで聴いて、他の2曲の印象が強すぎて、再生回数は少なかったけど、
この曲、本当に良い曲ですね。涙を誘います。志倉節。
ライブで聴いて、とっても好きになりましたね。
曲間で、ケニーとりゅーたが二人顔を見合せて楽しそうに弾いているのを見て、
胸がキュンキュンしちまいました。あーたまらん。



一曲飛ばして、MC。
りりかるなのはの劇場公開についての話題とか。

「二日前、私の誕生日当日にリリースになりました、『深愛』ですが。
口にしたら何か起こるんじゃないかと思って…言ってもいい?
あのね、昨日スタッフから聞いたんだけど………」

「『深愛』が、21日、誕生日つけの
      オリコンデイリーチャートで1位になりました!!!!」


沸き起こる歓声。本当に、本当にうれしかった。
まるで、自分の事みたいにうれしかった。
奈々嬢があまりにも泣くから…。おれまで涙が止まらなくなっちゃって。

「ほんとうにありがとう!!!!」

感謝の言葉を口にしても、涙が止まらない彼女を見ていて、
この場所で、彼女の歌を聴くことができて、本当に良かったと思った。

「何のことなのか、よく分からないくらい、これは夢なのか、何なのか、
分からなくなっちゃって、ブワーってなっちゃって…
何言ってるか分んなくなっちゃった…」

「こんな幸せな誕生日あっていいのかなって思って。
天変地異とかあるんじゃないかって思って…
そしたら朝、思いっきり転びました(笑)」

「この曲が、皆さんに、
深く深く愛してもらえたらと思って歌います。『深愛』」



儚い旋律。アルパの音色。
氷の上を歩くように、歌声を乗せる。
ここに美香さんの生のアルパが入ってたら、多分放心して、
しばらく立てなかったか、もしくは涙が止まらなかったか。
初めて聴く深愛は、胸に深く深く届いてきた。



お色直し中は、ダンサーさんたちの見せ場。
チームヨーダが、男役と女役にわかれて、華麗に舞っておりました。
後半で、お色直しを完了させた奈々嬢が登場。
黒いゴシック調の、パニエの入ったショートドレスに、
黒のロングブーツ、頭には小さなシルクハット。
女性版のシエルやないかあああああああああああ!!!!!!!(笑)



トリスタ。PVの黒い衣装と、ライブ衣装の黒いドレスがリンクしてた。
力強く、低い彼女の歌声が、胸に心地よい。
かっこよくて、キュンキュンせずにはいられませんな。
この曲はもともと、CD音源がシンプルなバンドサウンドだから、
ライブで聴いて違和感なくスッと入ってくる感じがあった。
勢いとかは、やっぱり生が半端ないけどね〜vv

この曲の間奏、好きなんだよね〜。ギターソロの直前とか。
ケニーがギターのネックを高いところから振り下ろす風景が
もう頭の中で自動的に出来ちゃってて…。
ケニー…ソロかっこよすぎですから!!!!!!


シクアン終了後のMCにて。

「さっき後ろ戻ったでしょ。思いっきり転びました(笑)
皆も気をつけて、思いっきり飛んでね(笑)」



一曲あけて、FAKE ANGEL。
ずっとずっとずっと生で聴きたいと思ってたんだよおおおおおお!!!!!!!
サビで飛び跳ねたかったんですっ!!
「連れ去って〜(ダンダン)」のトコで(笑)
ここでもめっちゃ叫んでましたなーおれ。



ラストシーンを歌いあげてから奈々嬢がステージを去った後、
スクリーンには、白いコートに白いニットの帽を被った奈々嬢の姿が。
どこか、街中や電車の中で撮影したもの。
彼女の言葉が、優しく響いた。


「言葉って、何だろう。
 
それは、いつも足りないもの。

一生かけて考えた言葉でも、

一瞬でも触れ合って、確かめて。

分かり合える時間には敵わない。

心って、何だろう。

それは、いつも泣いているもの。

いつだって繋がりたいし、いつだって繋がらなくて、

ぶつけて欲しいって…

今だって、そうだよ。隣を見ればわかり合えるかもしれないのに…

伝えたくて、伝わらなくて…

私は歌を歌った。歌は、心の手紙だったんだね。

聴いてくれる人が笑うから、繋がる気がする。

繋がっている気がする。

ありきたりの言葉だけど、ごめんね。

たとえ、時間が引き裂いても

この世界で一番、あなたが大好きです。

Love you forever...」




ラストシーンのバッキングに乗せて綴られた言葉が
最後につながったのが、Crystal Letterだった。
言葉では表現できない。lこの感動的なつながりは。
涙があふれて止まらなかった。ピアノのイントロの感動的な事。
今まで奈々嬢の言葉で綴られた歌たちすべてに、
彼女のあふれる思いが詰まっているかと思うと、
後から後から涙が止まらなかった。



まだ、始ったばかりだった。
鈴の音、氷の上に落ちるような響き渡る音、滑るストリングスの音色。
どうしてこうも、彼女は、聴く者を魅了するんだろう。
MUSEUM以来の、Tear's Night。
もう、このあたりで涙腺ぶっ壊れててやばかったですね。
初めて曲を聴いた時の衝撃。ライブで聴いた時の感動。
すべてを一気に甦らせるにあまりある、力ある歌声。

(もー、勢い余って間奏部分でヘドバンとかしちゃう始末)



間髪入れずに、オルファン。
アコギの音と、ストリングスとが絡み合う。
この極上の溶け合い具合に、一瞬我を忘れる。
会場が一気にオレンジ色に染まった。
上松史上最強の、ストリングス楽曲。王者の楽曲。



立て続けに、ケーナの音が響き渡る。残光のガイア!!!!!
Sちゃんと顔を見合わせる。とんでもない笑顔でした(笑)
上段にいたストリングス隊が、一気に下に駆け降りてきた。
メインステージで、一列に並んで、立ったままの演奏。かっこえかった…。
yeeeeeeeeeeeees!!!!!!では、ガチで飛び跳ねる。
あんなにあおられちゃねぇ〜。飛ばないわけにはいかない。



「超楽しいね〜!!!!でも、楽しい時間は早く過ぎちゃうんだよね…。
次の曲が最後になります。いつもこの言葉は言いたくないなって思って…
何とか回避しようとするんだけど、来てしまう…。この時、この時間。」

「まだまだいけるよね??!!」「そうだよね??!!」

「まだまだ水樹、このままでは終われないわ!!」

「まだまだ気合い入れていくので、みんな、あたしに着いてきてくれる??!!」

「じゃぁ、そのいっぱいの想いを、この一曲に込めて、
皆で思いっきり、飛びたいと思います!!
じゃ、みんな行くよ!!!!Astrogation!!!!!!!」



  号  泣  。


奈々嬢がタイトルを言うのが早いか、イントロの一音目を聴くのが早いか。
もう、その時点で号泣してた。夏のあの日が蘇る。
宙を舞う奈々嬢。ストリングスの音が、痛い程沁みてくる。
この瞬間が、一番すごかったね、おれの馬鹿みたいな叫び方(笑)
気が狂ったように叫んでました。猛省★←

歌詞のすべてが、奈々嬢とおれらの間を繋いでくれる言葉のようで。
「君との距離ワープしたい」
まさに。そうだよ、まさに。あなたまでの距離が縮めたい。
いますぐあなたの近くまで飛んでいきたい。
この曲を聴く度に、そう強く強く、思うんだよ。

この曲、最初にCDで聴いた時はそうも心に響かなかった。
だけど、あの夏、代々木で宙を舞い歌う彼女を見た時、
彼女の力強い歌声を聴いた時、弾けたんだよね、何かが。
あれから、この曲はおれの中での特別になった。



アンコールは、ツアーTシャツで登場。
MASSIVEはトロッコに乗って、後ろにも移動!!!
後ろの方のブロックの皆、すごい盛り上がってましたな。
Level Hi!ではみんなタオルを振り振り。



「じゃいきます。シャッスっ!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「武道館最高!!!シャッス!!!!!!!」

「次に聞いてもらう曲は、この間出たシングルのカップリングの曲。
まだ歌ってない曲が一曲ありまーす。
夜一人で聴くと、ちょっとニヤけちゃうような曲ですね(笑)」




ベビド終了後。

「ここで皆さんにうれしいお知らせがあります!!!!

 ニューアルバムが出ますっ!!!!!

実は次のアルバムがオリジナルアルバムとしては7枚目になります!!!
記念すべき7枚目です!!めちゃくちゃ気合い入れて作ろうと思ってます。
ツアーが終わったらすぐ、レコーディングに入ります!
皆さんの所に届けられるまで、待っててください!!!」

「次の曲、思い切りパワーを込めて歌いたいと思うので、みんなついてきてよ!!!!!」


「それにはみんなの力が必要です!アリーナ準備は良いですかっ??!!
1階準備は?2階は?!じゃぁ最後にみんなの最高のFEVER聴かせてください!!!!
行くぜ、SUPER GENERATION!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



素晴らしいライブでした。
本当に。
今まで経験した水樹奈々LIVEの中で、一番泣いた。
心に届いてきた。物理的にも、精神的にも、遮るものが何もなかった。
彼女の歌は、岩をも穿つ。そんな力がある。
彼女の歌は、傷ついた心を癒す。そんな優しさがある。
彼女の歌は、凍えるような寒さに負けない。そんな強さがある。
彼女の歌には、彼女の心が宿ってる。
だから、人の心に届く。その言葉が。歌が。まっすぐに。
ずっとずっと聴いていたい。水樹奈々の唄を。

















のおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
何で二日目がsuddenlyなんやああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
Sちゃんの報告聞いて、RODOE後の名古屋で携帯ぶん投げそうになったで。
なぜなぜなぜなぜええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
…西部ドームに期待です。


RODOE東京の時に、紀章が「いつかは武道館でやりたい!!!」
と希望を口にしていた時にヅカたんがシレっと「水樹奈々武道館3DAYSだもんね、
そっち行っちゃった人も多いんじゃないのかね。」
とか言いやがったけどもさ。
あたしゃファンクラブ入るくらい奈々好きだけど、
RODEOの名古屋と東京を選んだんだバカアアアアアアアアアア!!!!!!!!
って、叫びたかったわよ(笑)
JUGEMテーマ:音楽


| LIVE REPORT | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 00:10 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://bg-dds.jugem.jp/trackback/64

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • SIAM SHADE@たまアリ セットリスト
    barsuck (10/24)
  • つっつんが考える葦に!!!!!!!
    AtoZ (08/27)
  • 「SP 革命篇」感想その
    suguru (03/23)
  • 「SP 革命篇」感想その
    kico (03/23)
  • 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4
    suguru (02/09)
  • 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4
    亜鐘 (02/09)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    suguru (11/25)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    xYUKIx (11/25)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    まいく (11/25)
  • GRANRODE 1st Tour RODEO DELIGHT@ZPNG
    suguru (02/01)
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM