スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |
<< 1230 THE GREAT VACATION@幕張メッセ展示ホール9・10・11 | main | 1231 T.M.R. YEAR COUNT DOWN PARTY'09-'10 LIVE REVOLUTION REMIX XIII@日本武道館 >>

1231 Over The Edge'09@C.C.Lemonホール編集する

JUGEMテーマ:音楽
 
怒涛の畳掛けを見せる年末。
最終日を飾ったのは、Over the Edge'09
12時間耐久レースにはちょっとテンションが足りなかったかも。
だけど、イベントとしては、割と楽しませてもらいました。



●ゾロ

うんJACKと同じ感想www
たつひ可愛い!!!!可愛すぎてベースプレイとのギャップでかい!!!
楽曲に関しては、今回2回目ですけど、聴くの。
んー。ぱっとせんね。周りと同じように感じてしょうがない。





●セッション♯1

大佑(Vo/the studs)
圭(G/kannivalism)
健一(G/メリー)
長谷川正(B/Plastic Tree)
Яyo(Dr/ギルガメッシュ)

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT「スモーキン・ビリー」
hide「DICE」
蜉蝣「夕暮れの謝罪」


け、圭くん??!!って思ったけど確証得られないまま曲へ突入。
他にもプラのベースとか、今回バンドで参加してないアーティストも
セッション参加してたもんで、それが結構驚いたかな。


hide流れ出した瞬間の会場の盛り上がり凄かったwww
いや、おれDICE分からんかったもんですが。
あのノリに、皆便乗してたんですかね。


最後に大佑が、お立ち台に立ってズボンのチャック開けて帰ったぉwww
そうですね、LIVEはsexですね、分かりますwwww





●lynch.

SEが流れ出して、登場まで誰か分からず。
真っ黒なメンバーが登場して、ようやく判明。
そうだよね、これからまたカウントダウンだもんね、
そりゃ出演時間早いよね、lynch.のみなさん(笑)
結構立ち上がって盛り上がってる人が多くて、lynch.の人気を知りました。


V-ROCKの時に、ものすっごい楽しかったもんで、今回も期待してたんだけど、
前程のテンションの上がりは見せずに終わってしまった…。
まぁ前は、ああいうイベントでの一幕という事もあったし、
周りの盛り上がりやスタンディングという事もあったからだろうけれど。
また違う機会に見れるなら、見たいなー。


ベースがサポートというバンド形態って珍しいよね。
GLAYはドラムがサポだけど。
このスタンスを貫く姿勢には、きっと何かあるんだろうな、と思ってしまう。





●heidi.

「.」繋がりですね、分かります←
いやー、heidi.は名前しか知らなかったんだけれども、



ボーカルさん唄上手いですねっ!!!!!!!!!!!!!!!!!(驚)



前から友達に、「唄は上手いよ、顔は残念だけどww」
と聴いてたんだけれども(笑)
いやー、予想以上に上手かったし、曲も聴きやすかった。
歌謡曲っぽいような、昔のシド風味の曲もあって。
これは楽曲色々と聴いてみたいな、と思いましたね。


…ドラムの桐ちゃん、細っっい!!!!!!
あれでようドラム叩けますわね。
これじゃ真矢さんのドラム論理が崩壊しちゃうじゃないのよ(笑)






●ダウト

5人とも、紋付き袴姿で登場!
ああいう金髪勢が着物を着ていると、成人式でやらかしちゃった若者
というイメージがあって、微笑ましいというか痛々しいというか。
あー、ホストクラブにも見えますねwww


ビニール傘でボール回そうとしてたよ。
ものの数秒も持たなかったけど(笑)
ボーカルさんが結構良い話をしてたように思うんだけど、
記憶の用量オーバーのせいで忘れました←


楽曲に関しては全くアンテナ動かなかったわー。





●セッション♯2

Vo.YUKI(Mix Speaker's,Inc.)
Vo.義彦(heidi.)
Piano テロ(ヴィドール)

UVERworld「君の好きなうた」
KinKi Kids「もう君以外愛せない」


いやこれマジビビった。ボーカルさん二人上手すぐるwww
一人はMSIの人っていうじゃない??!!
だってあそこ、サイコのメンツ入ってて、ガチャガチャと
何をやってるか分からないようなバンドでさ。
しかもツインボーカルとか。はいー?!みたいなさ。
YUKI、義彦よりも上手かったと思う、声出てたし。
あ、義彦は自分のバンドで歌う時より声出てたww
いやーほんと上手かった。感動。


そして、KinKiの楽曲では隣のジャニファンさんたち約2名が、
目がキラッキラしちゃって、胸の前で手組んで、
乙女モード全開になっちゃってるのが、一番ウケました。
最高だよあんたら、VIVAキンキスキー(笑)
セッション終了後のiPodで原曲聴いてため息吐いたりとか、
もーほんと爆笑で腹痛いからやめれwww


ってか、このセッションをやろう、となった時に、
「誰もピアノなんか弾けねぇよ!!!」ってなったらしいけど、
マネージャーさん伝いに、ヴィドのテロ(Dr)が弾ける、
という事が判明し、オファーに至ったそうな。
…ドラム叩けてピアノが弾けるって…?
と思ってプロフ見てみたら、

「影響を受けたドラマー;ヨシキさん」(他多数)

ですよね−!(笑)





●サディ

場外で一休み。





●セッション#3

ガラ(Vo/メリー)
ミヤ(G/ムック)
ナカヤマアキラ(G/Plastic Tree)
愁(B/ギルガメッシュ)
佐藤ケンケン(Dr/Plastic Tree)

KORN「twist」
KORN「chi」
黒夢「for dear」

ガラぁああああああああああああああああああああああ(笑)
上半身裸で登場。MCが以外に普通っていうか
自閉症の子供がちょっと頑張りましたみたいな語り口で、
ちょっとカワイイ感じがしたなぁ。
メンバーの事、それぞれ照会してくれました。

しっかし最後にfor dearキタコレwww





●Mix Speaker's Inc.

ここも「.」入ってんのか!!←

今回、初めて彼らを見たわけなんだけれども。
最初の曲、誰ひとりとして楽器弾いてないという事実wwwww
衣装のギラギラ具合からして、まるでジャニ!!!
あ、被りものしてる人が2人居たからそれは無いか(笑)
唄って踊って、ショーのようなステージ。
サイリウムを持った子たちが、必死に振ってましたねぇ。


2曲目からはバンド楽曲だったけれども。
全体を通して、彼らのエンターティナー度の高さに驚かされ。
バンドとして見るにはちょっと「?」と思う所もあるけど、
ひとつのショーとして見るのであれば、
四の五の考えないで、楽しめるステージなのかなぁと。


つい先ほどピアノと唄で曲を披露してくれたYUKIには、
ちょっともったいないような気もするんだけどねぇ…。
あんなに上手いのになぁ。ちょっと残念。

あ、ボーカル二人、お立ち台に立ったと思ったら、
ふたりして顔見合わせて、お互いの(汗をハンカチで拭きあう、
なんていうワンシーンも。可愛らしかったですなー。





●D

今回の3大目当てのひとつ。D。
大晦日にふさわしく、和の装いで登場。
ツネが久々に女方?裾の短いピンクの振り袖。
赤い髪に合わせて、長い襟足のエクステ。
Ruiちゃんが、頭のてっぺんでおだんご作って、
それにまきつけるように、赤と金髪のみつ網のエクステ何本も付けてた。
HIDEちゃんは男前でしたねー。ポニーテールみたいになってた。
あー様、頭に黒い団子を3つくらい乗っけてクモの巣を張ったような
芸術的なヘアスタイルになっていましたwwwww
HIROKI…ドラムを叩きやすい装いで、てのもあると思うけど…
山賊みたいだったよひろき君wwwwww


曲は知らないのがほとんどだったんですけども。
やっぱここのバンドもほんっと音厚っ…。
あー様の声は当然なんですけども、それぞれが光ってるというか。
もっともっとCD聴いて、楽曲を知った上で臨んだら、
さらにLIVEの楽しさが倍増するだろうなぁ、って
毎度LIVEで見る度に思うんだけど、なかなか進歩しない(笑)


他のバンドに比べると、Dって咲きっぱなしギャ多いけど、何でなの?
九州ギャに多いっていうのを以前聞いた事あるけど、
咲き方に土地柄とかあんのかよww
とにかく、咲きっぱ多くていたたまれなかったー(笑)


つね…君ってそんなに可愛かったっけか…?
その笑顔やばいよー、萌えるよー。←





●ヴィドール

ジュイジュイジュイジュイ!!!!!!!!!!!!
って、皆怖いよー←
このバンドはずいぶんと垢ぬけたもんですねwww
昔ってそんなに知らんけど、こんなにキラキラしてなったよね?
何か、血だらけとか、コテVだったのにね(笑)


うん、ジュイの声やっぱり好きなんやね自分。
新曲の印象が、とっても良かったように思う。
Blue star以降全然聞いてなかった、
というかその1曲しかまともに聴いていないんですけれども。
シングルはポップなのが多くて、聴き易くなっちゃったねー。
今度アルバム出るみたいだけど、それもどんなカラーなんでしょ。


1曲目、ジュイがステージから飛び降りて、
1階の通路を会場の後ろまで走って往復するという!!
皆湧いてましたねー。





■1時間の休憩。

どうやら40分も巻きで進行していたらしく、そのせいもあってか
1時間という長い休憩。個人的には気が気じゃなかったっ!!!!!!!!!
でもこの間に、ものっそい勢いでmixiでリアカンのチケット
譲ってくれる人探して、アポ取って、何とか入手www
これで次デラ出なかったり、とんでもない時間押したらおれ死ぬるwww

という状況で、飯何か食ってる暇皆無だったわい。





●D'ERLANGER

キたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(ry

最前です。ドセンです。kyoちゃん前です。死んだらいい。
一番前の座席に、今年の6月にファイナルだったツアーの
大きめの赤いタオルを下げて、D'廃をアピール。

今回は、V-ROCKの時に着ていた、グレーチェックのボンテージパンツに、
同じ柄のジャケット、下は黒いシャツだったかな。
amp japanのネックレスもしてた。ちらっとのぞいてたね。
サイファは黒の上下に、黒のブーツ。多分Roen?
ワンマンの時にもしていたチェーン付けてた。
テツはオレンジの襟付きシャツにハーパン。
SEELAは黒の上下。今日も足が細いです(笑)

≪セットリスト≫
dummy blue
柘榴
Angelic Poetry
LA VIE EN ROSE


まさかの、インスト無でのダミブ。
ダミブの前はもう絶対Kainっていうイメージと、
あの流れで入るダミブのテンションがものっそい高いだけに、
今回はすごいびっくりしたな。時間なくてもSE入れるデラですからねww


kyoちゃんの目、もうヤバイ。ヤバイ。ヤバイ。
「お嬢ちゃんたち〜!!」とか、いやもうそれ完璧いつもと違うよね?(笑)
アウェイのフィールドと認識したんでしょうか。
だからなのか、サイファもサイファで、ステージ前方に立つ時も、
やたら観客に背を向けるような立ち位置で…ちょい悔しかったなぁ。
ダミブ終わってからかな、ジャケット脱いだの…。
ノースリーブ!!!!!ノースリーブ!!!!!!!!!!!ノースリ(ry
ワンマンでも無いのに、観客に背を向けてドラムの前で一息。
もっと呼べ、と煽るあの手つきは、犯罪級。
何と形容すればいいのか…ゆらゆらと、と言えばいいのか。
腰が少し揺れて、「もっと呼べるだろ〜♪」と。
ああああああああああああああああkyoちゃあああああああああああああ(ry


ゆきとおれとでは、FC限定でのAngelicの印象がデカいだけに、
聴きたいねぇなんて言ってたけど、まさかやんねぇだろ、
と思っていたら、やった。空気読むデランジェとかwwwww\(^o^)/
この曲で入るSEELAさんのソロパートが好きですよー。ここで指さす!!!


そして最後に、ラビアン。やっぱり観客とステージとの掛け合い。
これないと、ダメなんですよ。えぇダメなんです。
これまでにあり得ないくらい、"必死"だった。
だって、kyoちゃんステージの下降りてきたぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ(ry
FC限定の時は、ステージと客席との間が大分広く開いてたし、
降りられるような高さじゃなかったから、いくら近いと言えど、
触れられるほどの距離ではなかったし…。今回、本当に死んだ。
あと1僉弔修譴らいの距離だったんだけど…
本当は触ったのかもしれないけど、頭の中と、感覚がとっちらかってて、
触れた感覚がない…いや、多分触れてなかったのかも。
とにかく、あそこまで至近距離に、kyoちゃんを感じられた事だけでも幸せ。
ごめん、死んでもいいって5、6回は超高速で思ったよね。
あー、でもホントに死ぬならkyoちゃんに抱かれてから死にたい←


kyoちゃんが行儀のよいお辞儀をした後、マイクをほん投げて袖へ。
テツが小さなドラムヘッドを2枚ほど観客に投げて、本日のステージ終了。
燃え尽きました。はい、燃え尽きました。大事な事なので2回言いました。







今回のイベントは、この時点で強制終了。
1万円払った価値が、十分にあったLIVEとなりました。
他のバンドがどうこうよりも、D'ERLANGERのあの20分足らずのステージで。
その総てが還元されたと言って、間違いなし。
こういうイベントって、結構穴場なのだと知った一日(笑)
D'ERLANGERのステージ終了後、30秒と時間をおかずに、
会場を出て、全速力で渋谷駅へ。その向かう先は…
| LIVE REPORT | 21:10 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 21:10 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://bg-dds.jugem.jp/trackback/80
ipod touch(アイポッドタッチ) 使い方
ipod touch(アイポッドタッチ) 使い方についての情報です。
2010/01/11 8:42 PM, from ipod touch(アイポッドタッチ) 使い方

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • SIAM SHADE@たまアリ セットリスト
    barsuck (10/24)
  • つっつんが考える葦に!!!!!!!
    AtoZ (08/27)
  • 「SP 革命篇」感想その
    suguru (03/23)
  • 「SP 革命篇」感想その
    kico (03/23)
  • 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4
    suguru (02/09)
  • 【LIVEレポ】S.Q.F OnemanLIVE「DIAMOND」@新宿RUIDO K4
    亜鐘 (02/09)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    suguru (11/25)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    xYUKIx (11/25)
  • 【LIVEレポ】T.M.R LIVE REVOLUTION転生降臨之章@大宮ソニックシティ
    まいく (11/25)
  • GRANRODE 1st Tour RODEO DELIGHT@ZPNG
    suguru (02/01)
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM